Press "Enter" to skip to content

声にするトレーニングと誤解してしまう人がいますが

歌を何度も取り直せるシステムでデモ録音しているのなら

声だと思います

携帯やスマホにはじめからついていることも多いですよ。基本的にはこれだけでも、かなり歌唱力は改善されます。きっと見違える事でしょう。あと、カラオケに苦手意識ががおありの方はどうしても緊張してしまいがちです。それだけでも音痴はなおります。ではどうしたら緊張しなくなるでしょうか?答えは簡単で「場数を踏む」という事です。もっと単純に言うと「何度も練習する」という事です。

歌手オーディション会場で未来のスターになろう。

声のために働いている必要があると思う

このアドバイスでは物足りないあなた。本格的でそれでいて簡単な練習方法をご紹介します。まず、いったい歌唱力とは何でしょう?ピッチ(音程)が正確、安定して歌えている。(レンジ幅)。滑舌がよい。(モゴモゴしない)。正確なリズムやグルーブ感をKEEP。(声量)プロレベルになるとこの5つが複合しています。1-1簡単お手軽楽勝ボイストレーニング(ピッチ)。

 

歌えない曲は音量の変化を付けにくい

ピアノのキーを半音ずつあげて、それに合わせてシャウトするわけです。すると、あるところから先は、体からシャウトすることができなくなります。そこまでがあなたの本来の器なのです。○ことばを一つに多くの人は、その先の何音も高いところで歌っているでしょう。パワーダウンしているのに、高い声域を取ってがんばっていることに壁を感じませんか。

歌というすてきなコミュニケーションツールがあるのだからそこが、ことばから歌の転換点なのです。トレーニングは、その前のところで踏み留まって、声を確実に身につけることです。たとえば、深く体から「ハッ」と言ってみます。これを下の「ド」で出しましょう。うまくいかない人は前屈してやってみましょう。

声帯ワークアウト真上から見た喉頭内後頭部方向
声を出すと良いです

声を出す以上のようにすると良いです

高音になるにしたがって自分の声が聞こえにくくなるので、軽くすると不安になるかもしれませんが、それが正解の証拠です。外には強く出ているのです。自分にとってチェストと変わらないような強さで感じるように歌おうとすると、うまくできませんし、のどをつぶす原因になるので要注意です!高音発声では特に録音しながら練習して、実際に出ている音と自分の感じている声の落差に慣れるようにしていくことがコツです。では、練習してみましょう!後頭部、うなじあたりに手を当てて振動を確認します最初はファルセットで練習し、慣れてきたら声に少し芯を与えるようなイメージで歌ってみましょう!!。ミドルボイス声のひっくり返りを無くすにはグラデーションを意識する声帯ワークアウト音源はアップされていますここを混ぜ男性ッッここを混ぜ女性ブレイクを無くす練習(慣例的に男性はオクターブ上に記譜します)ミドルボイスとは中声とも訳されていて、胸声と頭声の中間の声という意味です。これは、前筋と声帯筋の適度なバランス調節によって初めて発声できる微妙な声です。声を当てる場所は上前歯の付け根が良いです


声づくりという段階を設けて

高等テクニックが必要ですが、これがうまくなるといわゆる声のひっくり返り”を無くすことができます。チェストボイスの豊かな重さと、ヘッドボイスのきらびやかな軽さの中間の音色をイメージして練習することがコツです。音階で練習する場合、音色が急に変わるのではなく、色のグラデーションのように微妙に色合いを変えていくことが秘訣ですそれでは練習してみましょう!!。声は3つだけではない音域を自由に行き来するには声のパターンは無限ということを知る声帯ワークアウトMiddleC男性チェストMiddleC女性ミドしたッドBflatEorFチェスト男性と女性の3つの声域声がチェストボイス、ミドルボイス、ヘッドボイスという3つに分類できるという話をすると、声にはその3つだけしかないと思いこんでしまう人も多いようですしかしこれは間違いです。発声状態を3つに分けて考えることはメリットも多いのですが、声をこのどれかだけに当てはめようとすると、逆に間違った方向にいってしまいます。